ホーム > 訓練課程 > 計器飛行証明課程

計器飛行証明課程

朝日航空「学生課」
〒581-0043
大阪府八尾市空港2-12 八尾空港内
TEL:072-991-7245

エアラインパイロットには必須となる資格です。
高度なATCコミュニケーションやマネジメント能力を身につけていかなければならないために、教官のアドバイスは時として厳しいものがありますが、エアラインの大型機に混じってのアプローチ、雲上をいく高々度飛行など、フライトの世界はさらに拡がります。エアラインの有資格者採用試験に応募するための最終課程となります。

修行年限 約7ヶ月
入校資格
  • 日本国事業用操縦士の技能証明を保有する者
  • 日本国多発限定を保有する者
  • 航空無線通信士又は航空特殊無線技士免許を保有する者
  • 計器飛行証明の学科試験に合格している者
  • 飛行経歴
    野外機長時間50時間以上
    計器飛行時間30時間以上
  • 性別不問
  • 入校資格が上記基準に満たさない方は学生課までご相談ください
募集方法 随時募集
入校時期 年間6回(原則2ケ月ごと)
修業内容
操縦訓練
45時間

操縦訓練(海外計器保有者)
40時間

操縦訓練(A&A課程修了者)
40時間

  • 飛行訓練時間は、標準訓練時間につき訓練生の技量修得状況により
    増加する場合があります
シミュレーター訓練(TS21D-P型)
15時間
学科教育
100時間
修了時資格 多発計器飛行証明
訓練機及び場所

【実機訓練機材】

ホーカー・ビーチクラフト式 G58型

【シミュレーター訓練機材】

TS21D-P型飛行訓練装置(FTD)

【訓練場所】

八尾空港(大阪府八尾市)

訓練ローン トヨタクレジット及び、提携信販会社の訓練ローンがご利用可能です。
訓練ローン利用希望者は学生課までお問い合わせ下さい
pict01

計器飛行訓練に出発するG58バロン

pict03

実機訓練前にフライトシミュレーターによる計器飛行訓練を行い、効率的に実機訓練へ移行することが可能です。

pict03

計器飛行訓練仕様のG58のコックピット

pict04

座学ではグラスコックピットの教育も行います。