ホーム > 訓練課程 > 日米一貫課程

日米一貫課程

朝日航空「学生課」
〒581-0043
大阪府八尾市空港2-12 八尾空港内
TEL:072-991-7245

日米一貫課程とは全くの未経験、ゼロから開始する方を対象とした訓練プログラムです。
日本とアメリカで共通の機種、教材を使用をすることで効率的(費用・訓練期間において)にエアラインへの就職に必要な飛行資格を取得することが可能です。

そしてA&A最大の特徴として初期訓練をまず日本国内で実施することが挙げられます。
初期国内訓練は弊社親会社であるトヨタ自動車所有の北海道鹿部飛行場にて、雄大な自然の中、同期・仲間とともに訓練に集中できる環境で、パイロットとしての基礎、考え方、訓練に臨む姿勢をしっかりと固めることで、続く米国訓練、後期国内訓練へのスムーズな移行が可能となります。
この流れが「一貫訓練」と呼ぶゆえんとなっています。

米国での訓練を担当する『アルプスナイスエア』につきましては、日本人経営の訓練校であり、天候にも恵まれたアメリカ西海岸カリフォルニア州サンノゼ市に位置し、飛行訓練に適したロケーションを持っています。
主にJCABライセンスへ切り替えが可能なFAA(米国)操縦士のライセンスを取得するとともに、航空大国アメリカでの滞在中に幅広い航空知識と経験、英会話能力を身に付けます。

修行年限 約2年2ヶ月
入校資格
  • 原則として日本国籍を有する者
  • 18才以上で高等学校卒業以上の学力を有する者
  • 実用英語検定2級以上、TOEIC650点以上、または同等程度の英語力を有する者
  • 第1種航空身体検査基準に適合する身体を有する者
  • 性別不問
  • 入学資格が上記基準に満たない方は業務部学生課までご相談ください。
募集方法 随時募集
入校時期 年間3回(5月・9月・1月)
修了時資格
  • 自家用操縦士技能証明(米国免許切替)
  • 多発限定(米国免許切替)
  • 事業用操縦士技能証明
  • 計器飛行証明
  • 航空無線通信士免許
  • 飛行訓練・就職に必要な資格であり、ご自身で取得していただきます。
訓練機及び場所

【実機訓練機材】

セスナ172型(国内・米国)
ビーチクラフトG-58型(国内)
パイパーPA28型(米国)
パイパーPA44型(米国)

【シミュレーター訓練機材】

TS21D-P(国内)
Frasca141(米国)

【国内訓練場所】

八尾空港(大阪府八尾市)
鹿部飛行場(北海道茅部郡)

【米国訓練場所】

リードヒルビュー空港(カリフォルニア州サンノゼ)

学生寮
  • 初期国内訓練および米国訓練時は「全寮制」
  • 事業用・計器課程時は学生寮もしくは賃貸物件(個人契約)
  • 不動産業者をご紹介いたします。
訓練ローン

国の教育ローン及び、トヨタクレジットがご利用可能です。

  • 訓練ローン利用希望者は学生課までお問合せ下さい。

修業内容

修業内容